英会話留学は、英語を話すには必要不可欠です

英会話がペラペラ話せている自分ってどんなであろうか、想像したことはありません。話せないけれど話せたらスゴイなと思うし、そんな人たちに会ったことはありません。

自分の英語に関していえば話せないのはわかっていて、ただ学校の勉強として英語の点数アップのためだけにやってきたようなものです。英語を使う使わないというよりは授業の一つであって、ペーパーテストの成績を上げていくために勉強をしてきています。

おおよそ学校を卒業しても話せはしないです。95%以上の人はそうなのではないでしょうか。だからこそ、5%未満の話せる人になったら、逸材みたいにみえます。

英会話留学はその話せる人の中に入るためには、必要不可欠なものです。留学もせずに話せるようになったという人なんて今まで一人も聞いたことがありません。テキストに書いてある英語を読んで、だいたいの意味を掴むところまでは可能でしょう。

しかし、自分の言葉で英語を使って話す、何も見ずに話す、テキスト見ずに聞く、これができてこそ英語の値打ちがあるから、このレベルに到達するだけの語学力は今後の大企業の社員にとっても、国際業務に携わる人たちにとって大切です。

おおめに見て、英語がちょっとできるというところから、日常の英会話ができるようになれば市場価値もアップします。

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ