足下のおぼつかない!英会話留学

最近大学生の間で流行っている英会話留学。英語を自在に扱えるようになるために海外に赴き、強制的に身の回りを英語だらけにして半ば力技で英語を身に着けてしまおう!という留学。

わたしはこの「英会話留学」という制度に少々否定的な考えを持っています。

それはなんだか、「とりあえず海外に行って自分の周りの語学環境を無理やり変えてしまえば自然に英会話もできるようになるだろう」という態度が見えてしまうからです。確かに、英語を学ぶには現地で「生」の英語に触れあうのが一番でしょう。でも、何より大事なのは留学する人の向上心だとか、モチベーションだと思います。私の周りだけかもしれませんが、英会話留学しようとしてる人の中には結構な割合で就活で少しでも有利になるために英語をもう一度しっかりやるために“とりあえず”留学 という感じのひとがいました。
でもはっきり言って、「就活」のためにわざわざ留学するくらいなら家でTOEICの勉強をしてた方がコスパははるかにいいです。

つらつらと書いてきましたが、なにが言いたいのかと言いますと、英会話留学する人の多くは、中学、高校レベルの英語もおぼつかないのにとりあえず「留学」といって実際に留学してる人がいるとおもいますが、これが個人的に気に入らないのです。
一応、東大に通ってる身としては、大学受験までにしっかりと中学高校レベルの英語を日本国内で参考書教科書片手に勉強してきただけで周りの留学生と英語で議論はできますし、洋画をそのまま字幕なしで見られるくらいの英語力は身についてます。もちろん私は英語圏なんぞに行ったことはありません。

だから、本当に英語力が欲しければ英会話留学なんてしなくてもある程度の英語力は手に入るという事がわが身をもって証明されてしまってるのです。

そうすると「英会話留学」の存在意義自体がなんだか疑われてきます。そこで至った自分なりの答えが英会話留学なんて留学の仲介業者がつくった金儲けの道具にみえてきたのです。
だって日本にいるだけで英語力なんて身に着くんですから。もちろん、海外に学びに行く留学自体を否定する気はありません。むしろ大歓迎です。でもその「留学」では英語は単なるコミュニケ―ションの道具の一つです。わざわざ英語を学びに行く必要なんてないのです。必要なのは英語で学びに行くことなのです。

だいぶ私の意見が強い記事になってしまいましたが皆様の意見はいかがでしょうか。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ