カナダへの英会話留学

大学時代にカナダに二ヶ月間ほど英会話留学しました。在学していた大学の提携校への留学だったので、準備等は滞りなく運び、出発の運びと相成りました。これがはじめての海外旅行だったので、正直不安もあったのですが、あれよあれよという間に留学先のトロントに到着しました。ホームステイ先はリタイアされた大学講師の方のお宅で、家族全員で海外はじめての自分を暖かく迎えてくれ、あれこれと面倒をみてくれました。
肝心の英会話の方ですが、最初は英語を話すという気恥ずかしさがどこがついて回っていたのですが、同年代のカナダ人の友達が出来るにつれ、ごく自然に英語で会話することが出来るようになりました。留学中の一番の思い出は、地元のラジオ局に日本からの留学生ということでゲストとして招かれ、インタビューをされ、そのあと天気予報のコーナーで、今日の天気を自分が読み上げたことです。なかなか出来ない貴重な体験でした。
いつまでも心に残っているのは、ホームステイ先の家族のことです。フランス系の家族でしたが、家族全員が仲良く、自分と同年代の子供たち二人(中学生と高校生)は、どのようなことでも両親にフランクに相談し、たとえ両親と子供たちの意見が異なることがあっても、互いの意見を尊重し合い率直に議論しあう習慣に感銘を覚えました。日本では自分を含めて同年代の子供たちがすべての事柄に関して、両親と意見を交換しあうということを目にしたことがなかったので、これはとても新鮮でした。
英会話だけでなく、異文化に触れ、いろんなことを学んだ旅でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ