全力で勉強した留学の1年

私が大学時代に、1年間交換留学生としてアメリカの大学に留学したときの体験談です。

交換留学生として選ばれるために、必死で英語の勉強をしたので、アメリカの大学でも英語はなんとかついて行けると思ったのですが、行ってみると、みなの話しているスピードに全然ついて行けなくて、ショックでした。

それでもせっかくの留学をムダにはしたくなかったので、相談しやすい教授と、人の良さそうなクラスメイトにしがみつくようにして、英語力の不足で思うように書けないレポートの相談や、アドバイスをフルに受けて、人生でここまで勉強したことはないというくらい、勉強しました。

日本人もチラホラ見かけましたが、日本人同士でつるんでしまうと留学の意味がなくなってしまうと思い、辛い体験を分かち合いたいという心の底からの欲求をはねのけ、なるべく日本人には近寄りませんでした。

向こうの大学は、課題の本を日本の何倍も読ませるので、本当に辛かったですが、読むスピードも上がり、添削してくれる親切な友人も得て、何とか落第せずに1年を終えました。

文化の違いもありましたが、私はわりあい日本人の中でもハッキリものが言える性質だったので、その点は良かったようです。

とにかく死ぬ思いと言ったら大げさですが、これだけやったという達成感の得ることが出来た留学体験でした。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ